アーモンドファームの仕事ゲット方法 ワーホリ IN オーストラリア

更新日:

ヒルストン

アーモンドファームについての記事を仕事内容に関するものと、

ブルースから仕事をもらうことに関するものの2つを前回紹介しました。

ファーム仕事/オーストラリア

まとめ オーストラリア セカンドビザ ヒルストン ファーム ワーホリ

アーモンドファーム 仕事内容 ワーホリ in オーストラリア

オーストラリアでのワーホリといえば、農業/ファームでのお仕事を連想される方が多いのでは?セカンドビザを申請したい方には、ファームでのお仕事が必須になりますよね。*ファーム以外でのお仕事でも可能ですが、 ...

まとめ オーストラリア ヒルストン ファーム ワーホリ

アーモンドファームの仕事はブルースからもらえ!! ワーホリ in オーストラリア

題して、アーモンドファームの仕事はブルースからもらえ!!です。現在ワーホリでオーストラリアにいられて、ファーム仕事を探している方/これからオーストラリアにワーホリを使って行こうと考えている方、必見です ...

まだチェックされてない方はぜひ見てみてください。

ワーホリセカンドビザの日数が最速3か月でもらえるなどといった、貴重な情報が。

では、今回の記事では

どうやってブルースからアーモンドファームでの仕事をゲットできるのか

について紹介していきます。ここが一番気になるところであり、重要なところですよね。

あと、もう1点

仕事ゲットの前にしておくべき大事なことも教えちゃいます。

その① ブルースの電話番号をゲットせよ。

その①は、タイトルそのままです。ブルースの電話番号をゲットしてください。

え、でも、、、 って思った方が多いと思います。

が、しかし

びっくりするくらい簡単にゲットできちゃいます。

既にヒルストンに行ったことのある方や現在いる方はお分かりだと思いますが

この街ヒルストン、街のメイン部分を歩くのに10分と掛かりません。その上、街にあるお店のような店舗は限られているので楽勝なのです。

一番シンプルな方法が、その辺にいる人に聞くことです。ブルースと言えば、街の人ならだいたいが知っています。

"Do you know Bruce?""Do you know where I can see Bruce?"

的な感じから会話に入って、、

"Could you give me his number?""Do you have his number?"

みたいなシンプルな感じで大丈夫です。

もしくは、黄色とかオレンジの蛍光色の服を着たファームで働いてるっぽい外国人に聞けば間違いないと思います。数人当たれば、仮にブルースの電話番号を持っていないにしても、ブルースのことを知っていて何かしらの情報は手に入るはずです。

ヒルストンでのブルースの知名度はかなり高いので、数人に当たればほぼ間違いなくブルースのことを知っている人を見つけることができますよ!

その② ブルースに連絡

電話番号をゲットした後にすることといえばこれしかないですよね。

すぐさま、電話もしくはメールをしましょう。まず電話をかけてみて、そのあとにメールを送るのが一番の方法です。

働きたいという意思+日本人だということをメールで送りましょう。もし、車を持っているのであればそのことも必ずメールで伝えてください。車ありかなしではだいぶ変わってきます。

Hi Bruce This is ○○○ from Japan. I am interested in working at Almond farm. I was wondering if you were looking for some workers at the moment. Please let me know.

こんな感じで大丈夫だと思います。

とりあえず連絡を入れるところまではすぐにこなせると思います。でも、このまま安心はしないでください。ブルースはとても多忙な方です。僕が働いているとき、仕事の連絡ですら、なかなか連絡が返ってこないことがよくありました。その上で、知らない人からのメールだと返信が来ないこともよくあります。道端でそんな人たちと会って話したことが数回あります。

では、どうすればいいのか。と、ここでその③へ。

その③ 出待ちならぬ待ち伏せ作戦

ヒルストンの街に1つだけベーカリーがあります。図書館のすぐ近くに。
誰でも見つけられる簡単に見つけられます。

ここは、ただのベーカリーなのですが、

こことても重要な場所です。(特に仕事を探している人にとって)

なぜかというと、ヒルストンで働いている多くのファーマーが朝、ファームに行く前にここに寄って朝食やコーヒーを買うのです。ということは、ファーマーと話せる機会があるということなのです。この記事では、ブルースから仕事をもらう方法についてなので詳しくはまた別の記事で。

この出待ちならぬ待ち伏せ作戦、とてもシンプルです。

朝5時から7時くらいの間(季節による)にこのベーカリーの前に行くのみです。そして、その辺りのファーマーにブルースを探していると伝えれば、 "もう行ってしまった"や"今日はまだ来ていない"などといったことを教えてくれるはずです。もちろんブルースが来たら、これがブルースと教えてくれます。

と、ここでブルースの見た目のイメージ

身長小さめ(160くらい?) メガネ、白髪、黄色の上着(オレンジを着ているのを見たことがない)

あと、トヨタの車です。これだけではあまり特定することはできないかもしれませんが、参考としてシェアします。

もし、ここでブルースに会うことができればガッツポーズも早くはないと思います。あとは、働きたい旨を話して返答をもらうだけです。

 

その④ Hillston Backpackers

その④としましたが、これをその①にもっていった方が楽かもしれません。

Hillston Backpackers に行ってください。ヒルストンで唯一のワーキングホステル的なやつです。仕事を紹介してくれる(ブルースのもとを含め)ような、キャラバンパークやキャビン施設もありますが規模が全然違います。

これを④に持ってきた理由は、Hillston Backpackers は他に比べて少し高いからです。人によっては家賃への出費を抑えたい方もいると思ったからです。

ここのオーナーは、いろんなファーマーとの繋がりを持っています。もちろんブルースともです。そして、ブルースが大量の働き手を探しているときはだいたいHillston Backpackersから人手を調達していきます。

なので、ここにとりあえず泊まって、ブルースのもとで働きたいことをオーナーに伝えるだけでなにかしらの情報がもらえたり、直接連絡をとってくれたりと助けてくれます。

Hillston Backpackersについての記事はこちらから

仕事ゲットの前に

冒頭で少し述べた、仕事ゲットの前にしておくと良いことを1つ紹介します。

ブルースのもとで働くとなれば、Madecカードというカードが必要となります。セーフティー講習的なのを受けた証みたいなものです。

数十分のビデオ鑑賞と回答選択式の簡単な問題に答えるのみなので1時間以内で終わる講習です。

これを作るには、隣街のグリフィスというところまで行かないといけません。
ヒルストンからグリフィスまで片道約2時間程度かかります。

100%仕事前にブルースを通さずゲットできるかどうかは言い切れませんが、

大体の人がヒルストンに着く前にグリフィスを通ると思います。

そこのMadecセンターに寄って、ブルースのもとで働くこととカードを作りたいと伝えてください。

もしその場で作れたらラッキーです。なぜかというとすぐに仕事を開始できるからです。通常は、ブルースから仕事をもらう→カードの作成→仕事開始の流れなので、そのパートをスキップできるのです。

ちなみに、僕は、これを事前に済ませてからヒルストンに行って、ブルースとコンタクトを取って仕事開始しました。

まとめ

以上、ブルースからアーモンドファームでの仕事をゲットする方法を紹介しました。

想像以上にスムーズにブルースとコンタクトを取るまではうまくいくはずです。

シャイにならずとりあえず話かけまくることが最重要です。

それから先は、ブルースがその時点で働き手を必要としているかという点のみです。

でも過剰な心配はいりません。ブルースのもとだと、一年中何かしらの仕事はあるので少し待つはめになる可能性もありますが、仕事はもらえると思います。

待つはめになっても、それまでの仕事を見つけるのは簡単なのでお金の心配も特にしなくていいと思います。

では、またヒルストンやアーモンドファームに関するお役立ち記事を更新するのでお楽しみに。

 

-オーストラリア, セカンドビザ, ヒルストン, ファーム, ワーホリ
-, , , , , , ,

Copyright© のんびりふらふらそこらへん , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.