[ペルー ボリビア] バスチケットを購入する方法と注意点

更新日:

ペルーのバスターミナル

南米旅行の際に人気のある国ペルーとボリビア。

人気な観光地として、

ナスカ-アレキパ-クスコ-プーノ(ペルー)

ラパス-スクレ-ポトシ-ウユニ(ボリビア)

こんなところでしょうか。

ほとんどの人がバス移動を選択して旅をしています。

移動先にもよりますが、バスでの長距離移動の機会が多いと思います。

はてな

どこで購入するべきか

どうやったら安く購入できるのか

バス移動は、安全なのか、トイレ事情は

などといった疑問を本記事で説明していきます。

またそれぞれの予約方法とメリット、デメリットを話していきます。

されに詳しい安く購入する方法はこちらをチェックしてください。

ラパスバスターミナル

まとめ ペルー ボリビア 南米 日常

[ペルー ボリビア] 必見 最安狙い/安くバスチケットを購入する方法

前回の記事で、 ペルー、ボリビアでのバス移動の際のチケットの購入方法2つを紹介しました。 また、少しだけですが安くチケットを買う方法を紹介しました。 この記事を読んでいただく前に前回の記事に目を通して ...

 

予約/購入方法

バスの予約/購入方法は、

:Webサイトを使ってオンラインで予約/購入する方法

:直接チケット売り場(大体の場合がバスターミナル)

で予約/購入する方法の2つになります。

バスターミナル以外で直接買うパターンとしては、

街にあるバス会社のオフィスで予約/購入になります。

 

オンラインでの予約/購入

予約/購入を

オンラインで行う場合に使えるサイトをいくつか並べます。

redBus

Busbud

TicketBolivia.com

他にもサイトはありますがだいたいこの3つがよく使用されてます。

出発地点-目的地-日付を入力して検索を行い、

合ったものを購入するといった極めて簡単にできます。

トラブルなしにネット環境さえあれば1分もあればすぐに予約完了までいけます。

メリット

ネット環境さえあれば一瞬

現金なしで購入可能(カード決済)

スペイン語を話す必要がない(直接の場合、不安な方もいると思います)

デメリット

予約/購入したのに乗車当日の予約トラブル

会社によっては、チケットを印刷していかないといけない

一部バス会社のみオンラインで予約/購入可能なため、安めor最安はゲットできない(出発地から目的地の最安)

直接購入方法

これも極めて簡単です。

ターミナルなり、オフィスに行って

目的地-日付を伝えて、値段と時間を聞いて、それでオッケーであれば購入。

ただ、これだけです。

パスポート番号が必須/番号のみで実物は不要。メモしてもっておくか、携帯に写真を保存していくことをお勧めします

オフィスは無視して、ターミナルに行くのが安定だと思います。

僕自身、リマ以外の場所では全てターミナルで購入しました。

ここの会社‼というのが事前に決まってない場合は

ひたすら、聞き歩くのが術だと思います。

特に安いチケットを求めている人は

メリット

オンラインで載っていない会社/安い価格のものが見つけられる

聞きまわるのが意外と楽しい(これも旅の醍醐味では?)

格安値が見つかることが...

デメリット

疲れる

ターミナルの場所がだいたいの場合遠い(事前予約の場合)

カード決済ができる会社が稀

どちらで予約/購入するべきか

上記の通り、双方ともに

メリット、デメリットがあり

何を優先するのかによって、どちらを使うべきなのかがはっきりします。

では、どちらを使うべきなのかを簡単に。

オンライン向きの方

  • 使いたいバス会社が明確+オンラインで購入可能なバス会社の場合
  • 値段は特に気にしない
  • 値段よりも、ある程度のクオリティ/信頼のあるバス会社を優先

ターミナルで直接 向きの方

  • とにかく安いを優先
  • 聞きまわる行為を楽しめる
  • スペイン語を練習したい

バスに乗車の際の安全面

バス移動は安全なのか

これを疑問に思う方は多いと思います

ネットで検索してみると

どちらかというとネガティブな情報が多めで不安を抱く方もいるのではないでしょうか

こればかりは、断言はできませんが、僕の経験上でお伝えします

僕自身、最安のバス、クオリティ低めのバスを何度も使いました

なんの被害にもあっていません。もちろん怪我も。

たまに、荷物に気をつけなさいよ。

と現地の人にアドバイスをもらったりしたこともあり

やはり、やばいのかなーと思ったこともありますが

盗難については、最善の注意を払っておけばほぼ心配いらないと思います

バスジャックといった例外を除いては。

荷物は、足の下に置くか抱えておくのが無難です。

上の棚に置くのは一応やめておきましょう。

注意ポイント

安全面といえば、トイレのほうが重要かな、と

トイレにトイレットペーパーなんてありません

トイレットペーパーは絶対に所持しておいてください

また、トイレに行く際は、荷物をもっていくか

隣の人、又は近くに座っている旅行者に声をかけて

見張ってもらうように頼みましょう。

*もしもトイレットペーパーを持っていなくてやばいときには

バスの中の人に頼んで、わけてもらいましょう

意外とすんなりとわけてくれちゃいますよ、笑顔付きで。

あとは、ボリビアでよくでくわしたのが、

バスにトイレは備えられているのですが、

トイレにカギがかかっていて使えない場合。

長距離の場合、途中にトイレ休憩があります

もちろんトイレ使用は有料ですが。

どうしてもやばいときは

運転席にいって、訴えましょう。

トイレが使える状況であれば、開けてくれたり

すぐ近くのどこかで止まってくれたりするはずです。

僕自身、経験はありませんが、

他の人が頑張っているのを2回目撃したことがあります。

もう1つ!

これは乗車の際というよりはバスを降りた後のお話ですが。

全てのバス会社ではありませんが、

ある程度の会社だと、預け入れ荷物にタグをつけてくれます。

大体の場合がホッチキスでつけられます。

下車してタグを取る際にホッチキスの芯も忘れずに取りましょう!

少しのかすり傷ですがそのままにしてたホッチキスの芯で腕に傷を負ったことがあります。

みなさまお気をつけください。

 

まとめ

以上、ボリビア、ペルーでのバスの予約/購入の方法に沿って

それぞれのメリット、デメリット+安全面

トイレ事情にも少しふれて、まとめてみました。

バス乗車日、一応出発予定時刻の30前にはターミナルにいましょう。

ペルーは特に、30分、1時間遅れが毎回といった感じでしたが

ボリビアはなかなか時間通りなことが多かった気がします

また、オンラインで予約/購入をされる方は

念のためのチケットの印刷を忘れないように気をつけてください。

もう一度書きますが、

トイレットペーパーも忘れずに

では、以上

[ペルー ボリビア] バスチケットを購入する方法と注意点でした。

 

-まとめ, ペルー, ボリビア, 南米,
-, , , , , , , , , ,

Copyright© のんびりふらふらそこらへん , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.